パソコン作業で肩こり、首こりを防ぐ為の注意点

 

パソコン作業は、キーボードを叩く作業が多く、手や指への
負担やパソコン画面を凝視する為、目への負担が多くなります。

特に目が疲れると目の周りの筋肉が緊張し、それが首や肩にも
伝わりコリの原因になりますので注意が必要です。

そうならない為にも根詰めて作業を行はず、定期的に休憩を
入れていきましょう。

仕事中だとこまめに休憩できないかもしれませんが、せめて
1時間位1回位は休憩して下さい。この時、目を十分休め、
疲れた指や手をストレッチするなどして回復に努めて下さい。

特に目は近くを見ている時は副交感神経が優位な状態です。
しかし、体全体としては交感神経を優位にして集中力を高めて
います。すると目と体の自律神経がアンバランスになり、自律神経
を余計に混乱させるといわれています。

自律神経が乱れてしまうと、血流が悪くなり首や肩にコリを
感じるようになってしまうのです。

仕事でパソコン作業に夢中になってしまうと、自分の体をかえりみず、
作業を続けてしまう方が多くいらっしゃいます。ですが、自分の体の事を
考えて、無理せず休憩を入れて、疲労を溜め込まない習慣を身に着ける
事が重要になってきますので、ぜひ実践してみて下さい。

肩こりについて詳しくはこちら

肩こり

東久留米むらかみ気導整体院

〒203-0032東京都東久留米市前沢3丁目-12-27